世界の紅茶
インド、スリランカ、ネパール等の紅茶を紹介

紅茶

アールグレイ

ベルガモットがエキゾチックに香る、気品高い紅茶

アールグレイ

紅茶に香りづけをしたフレイバーティー。数あるフレイバーティーのなかで一番よく知られているのが、このアールグレイです。名前の由来は、グレイ伯爵。1830年代に、イギリス使節団が中国から持ち帰った香り高い芳香茶葉を、当時の首相であるグレイ伯爵に献上。その茶葉がいたくお気に召したグレイ伯爵は、使節団を通じて中国からレシピを教わり、茶商に命じてイギリスで作らせました。出来上がったこのお茶は、伯爵の名をとり、アールグレイとなったのです。

この紅茶は、中国茶をベースにしたブレンド茶葉に、ベルガモットの香りをプラスしたもの。この独特のフレイバーは、中国の紅茶、ラプサンスーチョンの風味づけに用いられた龍眼の香りを真似たものです。中国からイギリスに渡ったラプサンスーチョンは大変な人気となり、当時の茶商たちは同じ味を再現しようとしましたが、その香りが龍眼だということには気づきませんでした。龍眼は中国特産の果物で、シトラス系の香りを有しています。それで、似たような香りを探した結果、龍眼の代わりとなったのがベルガモット。ベルガモットはミカン科のフルーツで、柑橘類特有の爽やかな香りがあります。

このようないきさつから、茶葉は中国産を使うのが本来の姿なのですが、はっきりとした定義はないので、最近はクセがなくアレンジしやすいスリランカ産の茶葉をブレンドしたり、中国産の茶葉を全く使わないメーカーもあります。また、オレンジピールやマリーゴールドの花などを加えているところもあります。

【ポイント】
その芳醇な香りから、アイスティーを作るのにうってつけ。ミルクティーにしても独特のフレイバーが生きて、一味違った味わいが楽しめます。

サイトマップ

Topへ >>