世界の紅茶
インド、スリランカ、ネパール等の紅茶を紹介

紅茶

シッキム

希少価値の高い、ハイクオリティーな紅茶

かつてのシッキム王国で始まった茶の栽培

ネパールとブータンに接するかつての王国シッキムは、1975年にインドに併合されました。 この地はダージリンと近いため、シッキムの茶樹はダージリンの茶園から譲り受けたものです。 そのため、味、香りともダージリン茶と似ています。とてもデリケートな味わいで、渋みは比較的少なく、 甘みの多いフラワリーなフレイバーが特徴です。
シッキムでの紅茶の製造は、インドへの帰属とほぼ同じ時期に研究がはじめられました。 その結果、この地が茶樹の生育に適した環境であることが分かり、州が土地を買い取って、茶園が作られたそうです。良質なお茶を生産しており、希少価値のある紅茶なので、値段はやや高めです。

主な農園と茶葉の種類

テミ農園

元ネパール領、現在はインド自治国という複雑な政治背景を持つシッキム。 このシッキムで唯一の農園がテミ農園です。国際認定のオーガニックエリアを持ち、 一般の農園でも農薬はほとんど使われていません。また、シッキムは世界第3位の高峰、 「カンチェンジュンガ(8,598m)」があるところで、この高地に発生する霧が、 テミ農園の紅茶に清らかな透明感を与えるのに一役かっています。

Topへ >>

サイトマップ

Topへ >>