世界の紅茶
インド、スリランカ、ネパール等の紅茶を紹介

紅茶

キャンディ

ソフトな味わいを持つ、セイロンティー誕生の地の紅茶

スリランカで最初の茶園となった地

キャンディはスリランカで最初に紅茶が作られた場所です。 「紅茶の神様」と呼ばれたジェームズ・テイラーが、スコットランドからこの地にやってきた最初の目的は、 コーヒー園を開くためでした。しかし、さび病でコーヒーの木のほとんどが枯れてしまうと、 テイラーは紅茶の栽培を試みます。これが成功し、キャンディーはスリランカで最初の茶園となりました。

渋みが少なく、ソフトな紅茶

標高400~500mに位置するキャンディ茶はローグロウンティー。 キャンディ茶の木はもともとアッサムから取り寄せられたものですが、味わいには大きな違いがあります。 アッサムが重い渋みがある紅茶であるのに対し、キャンディの渋みは少なく、香りも控えめです。 この風味のやわらかさのためアレンジがききやすく、バリエーションティーにおすすめです。

茶葉情報

キャンディ
原産地スリランカ
グレードBOP
水色普通
価格50g / 400円

クセがなく、ストレートにおいしいと思える紅茶です。 オーソドックスでマイルドなテイストは誰にでも愛される味わい。 さらりとしたピュアな口当たりと澄んだオレンジ色の水色が楽しめます。 フルーツやハーブなど、香りのある材料と合わせてバリエーションティーにするのにも向いています。

おいしい楽しみ方

渋みが弱く、美しい水色は、アイスティーにも向いています。